へこみがあったらどうする?

事故車

車を査定してもらう前に、へこみがあったらどうしますか?

これは程度によります。

もし、もう車を手放してしまう(買い替えではない)場合で車両保険に入っているなら、直してしまった方が良いかもしれません。

免責金額によっても違いますので、一概にお得とは言えませんが。

もし大きくへこんでいて、保険を使うような場合でも、実際には直さないで保険会社と協定してしまいお金だけもらった方がお得なケースの方が多いと思います。

これは、実際には直しませんので消費税分は引かれますが、違法でも何でもありません。
へこんだ状態で査定が50万、保険修理代が20万とすれば、70万の査定価格と同じことです。

保険を使えないなら、基本的にはキズと同じで直さない方がお得です。
へこんでいても一般で直す金額までは査定金額は下がらないことが一般的です。

また、仮に大きな事故で修理しなければ自走もできないような場合でも、よくできたもので「事故車の買取り」をしてくれる会社があります。
事故現状でそのまま買い取ってくれますので、修理をする必要は全くありません。

例えばこんな会社があります。
↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です