査定価格を上げるには?

洗車

車の査定価格を少しでも上げるためには
何かできることはあるでしょうか?

一番簡単な方法は、走行距離を伸ばさないことなんですが…

それでは車を持ってる意味がありませんので、それは抜きで行きましょう。

まず査定に出す前に外装をこぎれいにしておきましょう。

一生懸命磨く必要はまったくありませんし、
お金をかけて洗車する必要もありません。
あくまでもこぎれいです。

これは外装が汚れていたりすると、薄い傷がよくわかりませんので、

「傷があるのではないか?」

と、なくてもとりあえず減点しておくことがあります。

逆に傷を見逃してくれることもあるのですが、買取屋が後からクレーム付けてくる場合もあるので(自分で見逃したくせに)期待しない方が良いです。

見逃しでも、後でわかれば減額できると、契約書の裏にものすごく細かい字で書いてあると思います。

こぎれいにしておけば、そんなことはありませんし、車を大事にしていると見てもらえるので、好印象=査定価格もがんばれるという結果になるかもしれません。

次に、内装もこぎれいにしましょう。

これも掃除機をかけて雑巾で拭く程度で良いです。

外装にも言えることなんですが、
汚い=クリーニング必要ですので、その分マイナスされる恐れがあります。

タバコやペットのにおい、毛は、実はかなりの減点対象です。
愛煙家はたばこのにおいが、ペットの飼い主にはペットのにおいが、自分ではわからない場合がありますので気をつけたいところです。

後は、基本的にはノーマル(純正状態)に戻しましょう。

良いオーディオが付いてるとか、最新ナビだとかは、あまり査定価格には関係ありません。

気持ち上がることがほとんどですが、物によっては逆に査定価格が下がります。

ノーマルに戻して、外した部品を単品で売りとばした方が、間違いなくお金にはなります。

結局のところは「再販のための商品」として見ますので、より再販しやすい状態にしてあげることが査定価格をアップする秘訣です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です