査定前に傷は直す?直さない?

事故

車に傷はつきものと言えます。

バンパーの角をこすってしまうこともあるでしょうし、スーパーの駐車場などで、知らないうちにドアに傷がついていることも。
まあ、運転に支障はありませんので、そのままにしているケースも多いと思います。

では、車を査定に出すときには、傷は直しておいた方が良いでしょうか。

正直に言えば、傷は無い方が良いです。
再販に手間が掛かりませんので。

ただし、直し方によっては査定がマイナスになることもあります。

例えば、誰が見てもわかるような下手で適当な直し方をされてしまうと、せっかくお金をかけて直してもやり直さなければ商品になりません。

基本的に、鈑金塗装は技術料と手間賃ですので、安くすれば仕上がりは悪くなると考えて間違いありません。

つまり、きれいに修理をするには、それなりの費用が掛かるという事です。

それで、査定の話に戻りますが、傷があればその分は当然減点されますが、ユーザーがちゃんと直す費用ほど価格は下がりません。

傷なしで120万円、傷の修理代が5万円かかるとした場合
傷の減点分は2万円で、査定価格は118万円だったりします。

なので、軽微な傷に関しては、
そのまま査定に出すことをお勧めします。

一括査定で競合させれば思ってもいない高額査定がでるかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です