中古車の外装チェックポイント

中古車

信頼できる販売店を見つけることが、良い中古車と出会えるポイントではあるのですが、自分でもチェックできるところはチェックしましょう。

まずは外装のチェックポイントです。

最初に、これは誰でもするとは思いますが、少し離れて外観を前、横、後と眺めます。
狭い室内に展示されていたり、車が並べられていて全体が見えない場合は広い場所に出してもらいます。
これで何かおかしかったら論外なのですが、全体的に見ることで大きな凹みやバンパーのずれなどが無いかを確認します。

次に細部を見ていきますが、見る時間帯は明るいときが絶対です。
薄暗くなってからでは見えるものも見えなくなります。
ただし、あまりに天気が良い時も逆に細かい傷が見えなくなりますので、ベストは明るめの曇りの日、もしくは室内の蛍光灯の下です。

細部を見るときは、角度を変えながらパネルごとに見ていきます。
斜めから透かして見る感じにすると細かい傷や小さなエクボなども見逃すことが少なくなります。

また、ドアの縁、ドアハンドル周り、トランクの縁、バンパー四隅など、ぶつけやすい場所は決まっていますので、必ずチェックしましょう。
中古車ですので、ある程度は傷があっても目をつぶる覚悟も必要ですが、わかっていて買うのと知らないで後で見つけるのでは全然違います。

事故車かどうかを一般ユーザーが見分けることは難しいかもしれませんが、ボンネットを開いて両フェンダーやボンネットが取り付けられているボルトを見て、傷が付いていれば(回していれば)交換の可能性があります。
ただし、フロントフェンダーやボンネットなど、ボルト止めされているパーツが交換されていただけで「事故車」というわけではありません。
交換された原因が重要であって、例えばフェンダーだけをこすってしまって交換しただけなら問題ありませんが、前をぐっちゃりつぶして交換した場合は当然事故車となります。

この辺りはパッと見ではわからないことも多いので、怪しいと思ったら販売店に確認してください。

最後にタイヤの残山やサイドのひび割れも必ず見ておきましょう。
タイヤ交換は意外とコストがかかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です