中古車を選ぶポイント

中古車

まず、なぜ中古車にするかは人それぞれだと思いますが、「とにかく安い方が良い」「欲しい車種が中古車しかない」「どうせぶつけるから中古車で十分」などでしょうか。

当然、新車ではありませんから、燃費性能や装備も最新ではありませんが、正直中古車でも車として考えれば充分です。

ただし、中古車は同じ車種でも1台1台コンディションが違います。
そこで、選び方を知っていることが重要になってくるわけです。

実際には、パッと車を見ただけでは、業界のプロでも良し悪しはわかりません。
仮に事故を起こしたことがあるような車でも外観はいくらでもきれいにできます。
まあ、プロが見れば事故車かどうかはわかるのですが、一般の人ではなかなか難しいでしょう。

そこで、中古車購入のポイントですが、一番簡単なことは「信頼できる販売店から購入する」ということです。
価格の高い、安いは置いておいて、問題点も包み隠さず教えてくれるような販売店であれば、ある程度信用しても大丈夫でしょう。

自分で見れるポイントとしては、走行距離や内装の状態があります。
外装と違って内装はリペアしないケースが多いので、前オーナーの使い方が如実に表れている場合が多いです。
シートの擦れ具合やへたり、フロアマットの痛み、コンソール周りの傷を見れば、どう使われてきた車かは予想がつくと思います。

外装はお金はかかりますが、きれいに修理することはそれほど大変なことでもありません。
だから中古車販売店が店頭に並べる前に修理してしまうことが多いわけです。
ところが、内装に関しては例えばシートがへたってしまっていたりした場合は通常シートを新品に入れ替えるしかありません。
シート1脚がいくらするかと言えば、それは当然車種によって違いますが、普通に考えるよりも高いことがほとんでです。
だから、内装は中古車販売店でそのままなことが多いと言うことになるわけです。

逆に考えれば、外装に多少傷があっても内装がきれいで状態が良ければ、買ってから外装を修理すると言う選択肢もありだと思うわけです。
特に、お金持ちの奥さんが乗っていた車などで、走行の少なくて内装もきれいなのに外は凹みだらけなんて車があったりします。
でも、上記の通り外装は直すのが簡単なので、普通はそのまま店頭には並びませんけど。

豊富な在庫から最適な1台を提案してもらうならこちらがお勧めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です