中古車の選び方

ビートル

新車が登録される分だけ何年かすれば中古車になっていきます。
俗に「新古車」と呼ばれるナンバーを付けただけの未走行車も厳密に言えば「中古車」になります。

ちょっと話が外れますが、新車登録台数を多くしたいだけのために決算期前などにディーラーなどで自社名義で新車を登録してしまうことが多々あります。
メーカーからのインセンティブ目当てなことがほとんどだと思いますが、そのせいで新古車と呼ばれる中古車があふれて逆に新車が売れなくなるんだと思います。
目先の利益を求めて自分で自分の首をしっかりと絞めてると思いますが、中古車を探すうえではプラスなのでまあいいでしょう。

自動車は乗り方や整備にもよりますが20年でも普通に使えますので、中古車の選択肢は新車のそれとは比べ物にならないほど多くなります。

新車を購入しようと考える同じ予算で、1ランク、2ランク上の車種や憧れの輸入車などにも手が届くところも中古車を購入するメリットです。

ただ、実際問題として、中古車は外観は同じでも1台1台全くの別物になります。
事故車もあれば、過走行の車もあります。

個人的には、事故を起こしていても過走行でも、問題が無くて安ければそれはそれで「あり」だと思っています。
ただ、怖いことは事故歴を隠していたり走行距離をごまかしていても外見からはわからないこともあることです。
昔と比べれば悪い中古車業者は減りましたが、まったく無くなったと言うわけではありません。

そこで、一般の方でも見れる範囲でのチェックポイントを紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です